サイクロン・セパレーター
<<戻る
     
点击看大图
 
 
サイクロン・セパレーター
飞潮过滤
飞潮过滤
2009-12-8 16:32:45
 
 
サイクロン分離機は高性能的な濾過システムであり、相対的低圧力の場合で気体中の不要な固体粒子を有効に除去することができます。高圧・超高圧の環境でも高効率で作業が可能。気体中に粘性不純物や蝋状固体粒子を含む場合でも安定な性能を維持でき、メンテナンスコストを有効に引き下げます。
機器の効率的な作業を維持するために、内部に収集される固/液不純物を定期的に吹き飛ばすことが必要です。(フィルター・エレメントの交換が要らない)
不純物を含む気体が管路式分離機の入口を通して、気体分離室のチューブに入り、単管内の遠心力の作用で不純物を分離し、最後には他の不純物と一緒に排出されます。浄化された気体が上方の管路から収集器に入り、出口から排出される。

デザイン特徴:
伝統的なサイクロン・セパレーターの問題(例えば低効率、気流方向の設置錯誤など)を解決するために、長期の研究と実行経験を結合し、飛潮濾過がサイクロン・セパレーターの技術を改良しました。
 
伝統製品に比べ、弊社の高効率サイクロン分離機は以下のような特徴を持っている:
特殊な気体分流設計
サイクロン・セパレーターの核心構造はサイクロン管のセットである。伝統のサイクロン分離機は単管構造の設計であったため、気流は均一的に分布できなくて、濾過分離効果に影響を与える。
弊社の解決案は:環状気流旋回管路の設計に変更して、閉路式の分布構造になるため気体が中部から入ると一的に分離されることができます。

注入口方向の最高設計
サイクロン分離機の効率に影響する重要な因子の一つは注入口の方向であって、ガスフィルターが液体や固体粒子にブロックされてないために使用されています。設計が不十分で、固・液体不純物が分散的にセパレーターに入ることを起こし、、濾過の効果に影響を与える。飛潮濾過が特殊の設計技術を用いたため、問題を解決し、分離効率を有効に向上させます。

分離方式:
1.単段分離
   大量な液体を含まないガス濾過に最適。
2.二段濾過:
   液の含有量が高い場合に、入口段階で濾過や不純物収集装置を使用する。固体不純物や大量な滴がセパレーターの核心部に到着する前に使って、システムの目詰まり現象を防止する。
3.多段濾過:
   高分離効率の要求を満たすために、セパレーター装置を増設することによてサイクロン管から漏れた微小な液滴を収集し、排出することが可能です。
 

FEATURE-TEC 電話番号:86-21-51695266

FEATURE-TEC製品速いリンク:電磁性フィルター | 移動式フィルター | 全自動逆洗フィルター | 自動卸式 | ガスフィルター | 金属メッシュデフォッガー | ファンフィルター | アレッサー  | 濾過分離機 | サイクロン・セパレータ | メタンガスフィルター  | シングルバッグフィルター | マルチバッグフィルター | 衛生級カートリッジフィルター | 超大容積カートリッジフィルター | フィルターバッグ | ニードルフェルトフィルターバッグ | 長寿命PPフィルターバッグ | フィルターエレメント  | 超大容積PP材エレメント | ポリプロピレンプリーツ状エレメント | 高精度PP溶融紡糸型エレメント | ナイロン溶融紡糸型エレメント

 

 

 

 

 


 
  ログイン
パスワードをお忘れ?
登録会員はより多くの
資料をダウンロードできる
Product Search  
+
+ 磁気フィルター
+ ガス・液体/ガス・固体分離機
+ 自動濾過システム
+ ガスろ過システム
+ 標準濾過器
+ その他のフィルタ
+ フィルターバッグ
+ フィルターエレメント
Product Search